トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

XDE11.11.1以降の起動時エラー対策メモの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
{{category 電子工作}}

!!!XDE 11.11.1以降をインストールしても起動時エラーが起きるときの対策メモ
!!!XDE 11.11.1以降の起動時エラーが起きるときの対策メモ(2012/10)

XMOS の開発環境、XDE11.11.1 以降をインストールしてもうまく起動しない例があるようです。
XDE 12 以降でも同様の問題があるそうです。

※友人からの情報です。どうもありがとうございました。
※これは友人からの情報です。どうもありがとうございました。

1. C:\Program Files (x86)\XMOS\DevelopmentTools\11.11.1\xde_bin\xde.iniを以下のように修正する。

・5, 6行目を追加。

 -startup
 plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.1.1.R36x_v20101122_1400.jar
 --launcher.library
 plugins/org.eclipse.equinox.launcher.win32.win32.x86_1.1.2.R36x_v20101222
 -vm
 C:\Program Files (x86)\Java\jre7\bin\javaw.exe
 -vmargs
 -Xmx1024m
 -Xms40m

・最終行

 -XX:MaxPermSize=256m

を削除。


2. 上記の6行目のJavaのパスが違えば、適宜修正すること。


以下、備考

3. デスクトップの起動アイコン(xdeicon.bat)は、Javaのバージョンチェックしようとしているが、Javaにpathが通ってないと失敗する。
失敗しても、結果的にOKと判断しているので問題が出ていない。

(2012/10/23)