トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

Q-STEER 用の赤外LED制御ファーム(AVR 90S2313)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
{{category 電子工作}}
!!!Q-STEERの制御ファームウェア preα

*ターゲットハードウェアは[IPI さんの USB232B/AT90S|http://www.ipishop.com/ftdi.html] 

*上記基板だと、PC から TeraTerm 等で簡単に実験できます。制御アプリもシリアル通信で組めます。

*もちろん単体の AVR に焼いても動きます。

*AVR(AT90S2313) 11MHzくらいを想定した定数の設定になっています(オーバークロックですが、上記基板がそうなので..)。

*アーカイブは WinAVR20060421 + AVR Studio 4.12(SP4 build 498) のプロジェクトのスナップショットになっています。

**(2008/1)WinAVR20071221 + AVR Studio 4.13(SP2 build 571) でもこのまま「ビルドできる」ことは確認しています(動作は未確認)。

*カウンタ 0 を赤外線コマンドの1単位を作成するための割り込みに、カウンタ1を 38KHz 変調用に使用しています。

*赤外LED を PB3 (カウンタ1出力、IPIの上記基板だと4pin)と GND(同 12or14pin) に接続するだけ(ちゃんと電流制限したい人は R 入れてね)。

*2313 内蔵シリアル通信(TXD,RXD)に対して、非同期19200bps,8bit,ノンパリティでコマンド送信してください。

*コマンドはすべてシリアルからの1キャラクタで、エコーバックが返ります。

*`a``b``c``d`(大文字も) はバンド切り替えです。そのほかはシリアルで受信したキャラクタの下位 4 bit の「コマンド」(参考ページをみてください)を Q-STEER に対して2回送信します。

*ライセンスは「煮るなり焼くなり好きにして」ライセンスです。なにかの参考になれば幸いです。

*ダウンロードはこちらからどうぞ→{{ref avrsttest.zip}}

----
*参考にさせていただいたページ
    [Q-STEER赤外線信号解析|http://homepage2.nifty.com/stear/doc/QSir.htm]