トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

.NET MicroFramework で遊ぶ2(2012/7)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
{{category 電子工作}}

!!!.NET MicroFramework で遊ぶ2(2012/7)

*インタフェース 2012/8 月号で特集が組まれている。
*今のところ .NET MicroFramework 4.2 というものが最新らしい。

!!STM32F4 Discovery で遊ぶ

*秋月電子で今のところ 1,650- で売られている安価な Cortex-M4 評価基板(STM32F4 Discovery)で動作する。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05313/
*STM32F4 用のサンプル CLR は、現在のところ PK にはついてきていない。
*高価な ARM-MDK がないといまのところ(そのままでは) PortingkKit 自体をビルドできないが、(2012/7 現在)PK をリビルドせずに焼くだけで使えるSTM32F4 Discovery 用として2つのブレビルドを発見したので、使い方メモ。
*高価な ARM-MDK がないといまのところ(そのままでは) PortingkKit 自体をビルドできないが、(2012/7 現在)PK をリビルドせずに焼くだけで使える2つのブレビルドを発見したので、使い方メモ。

!!1)The Mountaineer Group の Discovery 用 STM32F4 CLR を焼く
http://www.mountaineer.org/netmf-for-stm32/
*CodePlex のサイト https://netmf4stm32.codeplex.com/ にある Discovery4 用のファームとテスト用ドライバを落としてきて、Tinybooter.hex を ST-LINK 経由で焼く。
*ER_CONFIG,ER_FLASH は MF SDK に含まれているMFDeploy から焼ける。
*(よい点)Discovery 基板を無改造で使用可能、ピン割り付けそのほかがDiscovery のピン配置を考慮した設定になっている。
*(面倒な点)Windows7 x64 用の認証 USB ドライバが(いまのところ)無い。64bit 環境の VisualStudio で開発するためには、TEST MODE でインストールする等の回避策が必要。

*この CLR を使った、LED,MEMS,UserSW を使ったサンプルプロジェクト{{ref STM32F4BASE_Discovery4.zip}}

!!2)GHI Electronics の FEZ Cerberus 用の CLR を焼く
* http://www.tinyclr.com/support/ から v4.2 関連の SDK,GHIのSDK を取ってきて一式入れる。
* クリスタルを 12MHz に換装する必要あり(FEZ Cerberus にあわせるため)
* クリスタル換装の手順等、詳細はこちらからたどれる。http://wiki.tinyclr.com/index.php?title=FEZ_Cerberus_Firmware_On_Discovery
*ファームウェアの焼きこみ等は FEZ Cerberus と全く同じ手順でOK
*(よい点) DFU 形式のブートローダがあるので、BOOT0-VDD をショートすれば USB-microB から焼ける。x64 用の USB ドライバ(認証つき)が存在する。GHI のライブラリもたぶん使える。
* (面倒な点)クリスタルを 12MHz のものに換装する必要がある。R68を外すパッチが必要。
*https://ghiopensource.codeplex.com/ に PK との差分ソースあり。